時を刻む詩

ドラクエ10のことを書きます。現実的な範囲で、効率良く、上位10%プレイヤーを目指す!

レグナード 魔法使いは今すぐ賢者の聖水を捨ててマホトラをしよう!

またレグナード戦での魔法使いの立ち回りのお話です

※当記事は一般的な攻略を終えてる人向けです。
マホトラの射程が気になる人はこの記事をスルーしてください。

f:id:unyuu2:20160120014818p:plain

上手く行けば、聖水未使用レグ3でも13分で倒すことが可能です。

レグナード戦では適切なタイミングでマホトラを使うことで、火力を損なうことなく賢者の聖水節約ができるのです。

まず超暴走魔法陣について

超暴走魔法陣は効果時間30秒、CT60秒なので、魔法使い2人なら交互に使用することで常時効果を得ることができます。

また、魔法は暴走すると期待ダメージが1.6倍に跳ね上がります。

マホトラの効果

むらがありますが、覚醒していれば40~55吸えることが多いです。

マホトラの使い所

主に以下の2パターンでマホトラが使えます。

1. レグナードがウィングダイブを使ったとき

これはダイブのときにマホトラするだけなのでわかりやすいです。 レグナードが怒っているときなら攻撃でもいいのですが、ダイブを避けていると超陣の上にいることができず、 暴走しないメラゾーマのダメージは燃費がよくありません。 ここでは割りきってマホトラが後々のMP回復ターン節約にもつながり、よいと思います。

2. 超暴走魔法陣の切れ目

自分が超暴走魔法陣をするターンならそのまま陣をしましょう。

しかしそれ以外に、相方魔法使いが陣を忘れている、または覚醒、早読みが同時に切れて陣を後回しにしている、ということがあると思います。

前述したとおり、暴走しないメラゾーマは燃費が悪いです。 無理に攻撃しても後でMP回復にターンを使って結局損します。

なので割りきってマホトラするのが良手です。

もし相方魔法使いが陣の貼り忘れをしていた場合、マホトラによって気づくこともあるかもしれません。

賢者の聖水を使用したときと比べてみる

モデルケースとして以下の2つを考えてみます。

どちらも消費ターンは7ターン。
マホトラ2発でメラゾーマ5発分のMPが回復するとします。
賢者の聖水一本でメラゾーマ6発分のMPが回復するとします。

まず、マホトラ2発+暴走メラゾーマ5発を考えます。

メラゾーマ*5*1.6=  メラゾーマ8発分

次に、 賢者の聖水1本+メラゾーマ3発+暴走メラゾーマ3発

メラゾーマ*3+メラゾーマ*3*1.6= メラゾーマ7.8発分

このように賢者の聖水を何も考えずに飲むよりも効率よくダメージを与えることができるのです!・・・が

現在の野良では一般的ではないため、負けたらマホトラのせいにされてもおかしくありません。 「わたしは間違っていない」という強い気持ちを持って行いましょうw

まとめ

  • ダイブはマホトラ
  • 超暴走魔法陣の切れ目でマホトラ
  • 白い目で見られても負けない心の強さが大事